筋・筋膜性腰痛

腰を抑える人

日常の生活動作、仕事の時の毎回同じ動作などにより、毎回毎回同じ筋肉を酷使して行くことにより、その場所に限局した炎症が発生していきます。

その炎症が日々抜けず、筋肉が傷ついてしまうことにより腰痛を引き起こします。

またこのことを放置してしまうと、今はまだ筋膜上の問題であるものが、関節やより深くまでに及ぶと……慢性的な腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、首・肩コリなどにまで波及していきます。

ですので、この段階でしっかりと治癒へ導かなければ症状が無くなることが難しくなります。

初回限定キャンペーン 電話03-5858-6577 LINE

当整体院での回復法

施術

基本的には、その痛みの段階に合わせて検査、施術の方法を変えて行っていきます。痛みの段階には

激烈炎症期(3日間前後が目安)

炎症期(痛み始め~2週間)

高原性経過期(炎症期~半年・数年に及ぶ可能性もある。これを不安定期ともいう)

平癒期(症状がある程度安定し、少しの疲労などでは、以前のような症状をぶり返さない状態)

という過程があります。

施術をして行く中で自分で管理の出来る状態である 平癒を目指して施術を行いますが、 

の場合、立ち上がれない、動けないレベルの強い痛みのため、おそらく来院することは不可能だと思います。

の場合、筋肉のみに問題が起こっているもの・関節に炎症を起こしているもの・もしくはそのつながりの中で問題を起こしているもの・靭帯など軟部組織と言われる部分にダメージが及ぶものなどがあるので、それらを検査して、より良い施術をしていきます。

こういった痛みを出す方は、特に本来ある正しい歩行ができてないことが多いので、その方の本来の歩き方を取り戻すことにより、その部分のなめらかさ・潤滑を促すことからはじめて、炎症をコントロール出来なくなった身体を、再度コントロールできるようにしていきます。

そのあとで、足や膝、筋・靭帯など一見直接的に関係なさそうなところも、合わせて動作の改善をしていきます。

一人一人のカラダ・痛み・症状に合わせて計画をもってオーダーメードコントロールをして行くことで早期復帰を目指します。

全国の施術者が学びに来る代表の技術!

当整骨院の代表の技術を全国の施術家が学びに来ています!
エビデンスのある施術です