ヘルニア

このようなお悩みはありませんか?
ヘルニア
  1. 身体を動かすと腰が痛む
  2. お尻から太もも、足先にかけてしびれが出る
  3. ギックリ腰を何回か繰り返している
  4. こまめにトレーニング・ストレッチをしているがよくならない
  5. 病院で手術を勧められた
初回限定キャンペーン 電話03-5858-6577 LINE
痛みと原因
ヘルニアの人

一般的にヘルニアとは、骨と骨の間にある「椎間板」が弾力性を失い、飛び出してしまい、神経に当たって圧迫することで、痛みや痺れを出す状態です。
この痛みや痺れは、身体の動きがある中で関節内の異常や身体のバランスの不均衡により起こります。
若い時は、よく身体を動かしていても重力とのバランスを自然と取ることのできる状態です。身体の表層である皮膚をはじめとして、関節内部や筋肉には柔軟性や保水性が安定して保たれています。一方、加齢で、段々と安定が保たれなくなり、様々な不調に関する条件が重なると腰痛のようなヘルニアが引き起こされやすくなります。
また、そんな「痛み」の局所だけにアプローチする施術法やマッサージをしても、痛みが再発したり、解消されなかったりといったことがが多々起きます。つまり、痛みが出ている部分を中心として、身体全身を多角的にみる必要があります。
当整体院では、身体に負担のかからない施術の他、再発防止の身体づくりとして、正しい運動や歩き方の指導にも力を入れています。

施術方法について

強い力でボキボキ調整する施術は、その場では解消された気になりますが、実は身体を破壊していることでもあるのです。
当整体院では、強い力には頼らず「身体に負担の少ない」施術を行います!

  • 関節の潤滑液を調整していきます!

    施術

    関節と関節の「潤滑液」という液体は適量であれば、関節間のクッションになったり、栄養を流すように機能しますが、炎症や不調によって増量してパンパンとなり圧迫されることで、痛みとなります。
    「潤滑液」を調整して、痛みに対してアプローチをしていきます。

  • 関節可動域の獲得していきます!

    施術

    関節の可動域が丁度よくなると、怪我をしにくいお身体に変わります。
    また、可動域の幅が広がることで日常動作においても楽に動かせるようになるため、結果的には体内の循環がよくなるので、不調が解消されます。

  • 歩行および運動を指導していきます!

    指導

    それぞれ、お身体の状態は全く異なります。
    お客様ご自身のその時々の状態に合わせて歩き方やピッタリの運動の指導をしていきます。
    私たちは、ただ痛みを取るだけでなく、再発のない身体づくりを目指していきます!

全国の施術者が学びに来る代表の技術!

当整骨院の代表の技術を全国の施術家が学びに来ています!
エビデンスのある施術です